株式会社グリーンマンBLOG

記事一覧

蛎太郎の独り言・長野遠征(SK会出席)

長野にある佐久協同さん主催のSK会に出席して来ました。
今年で3年目、知った顔もチラホラ見えます。
「蛎次郎、どうでした?」
「野菜全般に使ったけど、良かったよ!」
「ネギにも最高だな!30年やってるけど、一番良かった!」
「炊くと甘いしな~」
「きゅうり最高だった。納品先からも褒められるんだわ。」
「来年から全部の圃場に振るからね。」
ここでも、リピーター率、ほぼ100%
基本、皆さんからは笑顔が見られました。
新規のお客さんと話していると、横から
「これ、イイから使ってみなよ!」
「白菜、大根、人参、トマト・・・皆、良かったよ!」
「お勧めだよ。」
頼んでもいないのに・・・
見知らぬ人からサポートを受け(嬉笑嬉)
あれよ、あれよと間に人だかりが出来ました。
「蛎次郎使った事ある方、挙手願います」
数名の方が、手を挙げて下さいました。
今度は、その方達にインタビュー形式で
「何に使って頂けました?」
「トマトと菊」
「どうでしたか?」
「イイね。今年は尻腐れが出なかったし・・・菊は病気に強くなった。」
生産者の直の声は、重みがあります。
聞く耳は、真剣そのものです。
そこで・・・
「長いも、良かったぞ!」
との声・・・
有り難い事です。
来年春の予約注文を沢山頂き、笑顔で長野を後にしました。
今日はイイ日だ。

蛎太郎の独り言・鳥が教えてくれる。

ファイル 127-2.jpg

宮城には、この時期、沢山の白鳥が飛来してきます。
よく見ていると、特定の圃場に集まっています。
この辺、周りは田んぼだらけ・・・
不思議とその中でも、毎年決まった辺りに集まるのです。

有機栽培に取り組んでいらっしゃる近所のユーザーさんが
教えてくれました。
「鳥が教えてくれんだよ。」
「有機質資材を使って・・・土が出来てくると、自然に鳥が集ってくるんだよ」

ホント・・・
自然界は奥が深いわ・・・

余談ですが・・・
白鳥って近くでみると凄くデカイんです。
ちょっと、怖い位(笑)

蛎太郎の独り言・「蛎右衛門」を飛ばしまくる!(散布方法)

グリーンマンファミリーでもあるヴェルディールの山中君が
ブロードキャスターを使った技(施肥方法)を編み出してくれました。

施肥の際、散布機に詰まり易い等のご意見が多い事は承知しております。
低温乾燥の意義・カキ殻の形状及び性質をご理解頂ければと存じます。
とは言え、施肥し難いのは事実です。
是非、ご参考にして頂ければ幸いです。
用意するもの・・・硬式テニスボールor軟式野球ボール3個

ファイル 126-1.jpg

ファイル 126-2.jpg

ユーザーさんにご紹介したところ、概ねご評価頂いております

蛎太郎の独り言・土作り

秋の収穫シーズンもひと段落・・・
土作りの絶好のシーズンが到来しました。
お陰様で、日々出荷に追われる毎日です。
昔からお礼肥えとも言い、収穫した大地に施肥(お礼)をする。
先人は、経験値から様々な知恵を残してくれました。
生産者の方のお話を聞くと皆さん、

農業の基本は土作りだ!

とおっしゃいます。
耕起で酸素を土中へ送り、堆肥等で栄養を補給する。
全ては、土中の微生物が住み易い環境の構築こそが、土作りと考えます。
蛎右衛門に含まれる
①海からのミネラル
②天然の多孔質構造
③良質のカルシウム
①~③の相乗効果が、丈夫で健康な作物を育てるのです。

樹勢感が変わった。

ほぼ100%の方にそう評価して頂けます。

僕自身が、育ててみて実感と共に自信があります。
何より、出来た作物を褒められると嬉しいし・・・
それが収入に繋がるのですから
こんなに良い事は無いと思います。
費用対効果をお望みならば・・・
是非、「蛎右衛門」をお試し下さい・・・・

蛎太郎の独り言・東北コットンプロジェクト

昨日テレビで、東北コットンプロジェクト収穫のニュースが流れていました。
全国の繊維・織物・洋服メーカー、アパレル関連企業さん達が協賛し
綿花(コットン)で沿岸部の津波被災地を応援する復興プロジェクトです。
http://www.tohokucotton.com/

ファイル 124-1.jpg

とても意義のあるプロジェクトだと思います。


弊社のユーザーでもあるイーストファームの赤坂社長達が中心となって昨年より行なわれていました。

http://www.eastfarm.co.jp/
弊社も微力ながら、カキ殻にて応援させて頂いておりました。
綿花は塩害にも強く、波が被った圃場でも育つ作物です。
カキ殻と綿花との相性は抜群!渡良瀬エコビレッジさん
http://blog.canpan.info/watarase/archive/376
にて実績は十分です。

ファイル 124-2.jpg

以前、宮城県農業法人会の現地見学会にて赤坂社長より苦労話を聞かせて頂きました。
震災直後、当然圃場整備が整う前のスタート・・・。
大雨による冠水による危機、定植のし直し、夏の日照り、雑草、等々・・・
想像を絶する戦いだったと思います。
あの時期・・・
誰もが悲壮感漂う中、喧々諤々、多種多様の想いが渦巻く周辺の農家さんを束ねたリーダーの苦労は計り知れません。
近くで見ていた一人として、男として・・・尊敬しています。

ファイル 124-3.jpg
ファイル 124-4.jpg

残念ながら、大雨による冠水の影響で予想収穫量はかなり下回ったそうですが、
ようやく陽の目を見た収穫。
赤坂社長の表情は残念そうでもありながらも、
また新たな力が漲っているように感じました。

蛎太郎の独り言・にっぽん元気マーケット出展

ファイル 121-1.jpg

国際フォーラム(有楽町)で行なわれた
「にっぽん元気マーケット」
27日、28日の二日間の出展です。
日本を元気に!が旗印ですから、会場もお祭りムード満載です。


そこで・・・
蛎次郎1kgを販売して参りました。
お買い物途中に1kgの肥料は???
どうなのかとは思いましたが、意外や意外・・・
立ち止まって聞いて下さった方の多くが購入して下さいました。
薔薇に関する広告が、効いた様です。
僕が育てているバラの株元の写真を見せると
「凄い!木ね!」
「太い~!羨ましいわぁ~!」
即、ご購入☆
「重いから止めとくわ」
と言っていた奥様が、帰り際に
「やっぱり、気になっちゃって・・・」
皆様から
「宮城、頑張ってね!」
との温かいお言葉を沢山、頂きました。
宮城に生きる者として、頑張らねば・・・。です。

蛎太郎の独り言・東北エコプロダクツ2012in夢メッセ

毎年行なわれる環境やエコに関する展示会です。

http://www.e-products.jp/2012/
ファイル 122-1.jpg

ヤマトクリエーション東北さんのブースにお邪魔して来ました。

ヤマトクリエーション東北さんは、マネキン製造の業界大手です。
http://www.yamato-creation.com/

事の始まりは一本のメールから・・・
バイオマス(カキ殻)でマネキンを作りたいとの事でした。
被災地でもある宮城の地域資源を使いマネキンを製作し、
復興応援もしたいとの有り難いお話です。
事はトントン拍子で進み、試作品も上々の出来の様でした。
社長をはじめ担当の方々の熱き想いが伝わりました。
ファイル 122-2.jpg
↓ヤマトのオリジナルロボット『バイオクン』
カキ殻52%

ファイル 122-3.jpg
宮城のカキ殻は今まで厄介者(ごみ)扱いされてきた歴史があります。
こんなにも素晴らしい原材料や肥料になるのに・・・
島国日本では、地域資源の有効活用が必須です。
カキ殻に着目して頂いた事に感謝です。
肥料だけではなく、あらゆる用途へ
ファイル 122-4.jpg
こちらも52%がカキ殻だそうです。

願いを込めます。広がり届きます様に。

蛎太郎の独り言・キウイフルーツ初収穫☆

一昨年、地元のキウイ名人の及川さんの指導の基、
弊社の工場内にキウイフルーツの苗木を約20本ほど定植しました。
旧田で極度の粘土質ですから、人力で土壌改良からのスタートです。
カキ殻とキウイフルーツとの相性は、及川さんの圃場で実証済みです。
マウントを作り苗木を育て、今年の夏に支柱棚を立てました。
ファイル 123-1.jpg

先日、周りの草刈をしてると・・・
発見っ!
僅か2つではありますが、立派な実がなっていました。


ファイル 123-2.jpg

何か・・・
嬉しい・・・(笑)
他の木々も枝っぷりが良く、イイ感じで育ってくれています。
来年、再来年には、沢山の実をつけてくれる事でしょう。

蛎太郎の独り言・目指せ、世界チャンピオン

肥料業界に入って間もない頃でした。

ファイル 120-3.jpg
知人から
「イイ、ボクサーがいるんだよ。」
「スポンサーになって貰えないかな?」
「無理ですって!」
「昨年の全日本フライ級の新人王なんだよ。」
「だから、無理ですよ。」
「そう言わず、名前だけでも聞いてよ。」
「名前?」
「奈須勇樹君」って言うんだ。
「なすゆうき、なすゆうき、有機茄子(笑)」
「なっ!洒落が効いてるだろ?」
思わず笑ってしまいました。
「承知しました。」
即決です。
元来、格闘技が好きな僕ですが、スポンサーなんて身の丈に合いません。
でも、彼の名前を聞いたからには、もう応援するしかありません(笑)
有機肥料会社が応援するゆうき君。
苗字がなす。
ストーリーがあるでしょ。

後日、お父さんと本人が事務所にお見えになりました。
ヤンチャ坊の面影を残す精悍な顔立ち、時折見せる優しい笑顔が好印象でした。
何より格闘技選手としての華がありました。
ファイル 120-2.jpg
相談の結果、試合用のボクサーパンツを進呈する事になり、
お尻に「海を汚すんじゃねえ!」のバックプリントで決定(笑)
後楽園ホールにトモダチ・スタッフ総出で応援しに行きました。
応援団は背中に「海を汚すんじゃねえ!」の揃いのTシャツ&団扇で応援。

リングに映える「海を汚すんじゃねえ!」の文字・・・。

ある意味、感無量です。
結果は、1RのKO勝利。皆で超~盛り上がったものです。
その後は、勝ったり負けたり・・・
ボクサーを続けている事は知っていましたが、
ここのところご無沙汰していました。

昨日、彼のお父さんから一本の電話。
「ようやく、世界戦が決まりました!」
との連絡、超~おめでたい話しです。
彼は現在日本フライ級7位。
http://ameblo.jp/kadoebi/theme-10004861219.html
しかし、相手は日本人キラーのかなり強いチャンピオンだそうですが、
勝負はやってみなければ解りません。

是非、応援に行こうと思います。
あれから6年、彼も成長した事でしょう。
僕も成長しました。
うちの有機茄子も成長しています(笑)

ファイル 120-1.jpg

どうです。この株元の太さ。ちょっとした木でしょ。
蛎右衛門パワーです。
根を強く張らせ、幹を強くする事で逆風にも耐え、いつか美味しい実を結ぶ。
皆で成長したいものです。
頑張れ!なす ゆうき君!
目指せ、世界チャンピオン!
今日はイイ日だ。

蛎太郎の独り言・味わう喜び

僕は「枝豆」が大好物です。見かけると、つい手が伸びてしまいます。
品種や産地によって、味は多種多様です。
工場内にある通称「福ちゃん農園」
極度の粘土質だった圃場は、カキ殻の土壌改良効果のお陰で一丁前の土になりました。
定植時期を少しずつ変え、夏からずっと収穫し続けています。
もう終わりに近づきましたが、株は抜く事無く、
食べ頃になったパンパンになった豆だけを収穫し、未熟な豆は残します。
数日すると、それらもパンパンになってくるのです。
植物を愛でながら、美味しく食する・・・
それが旨ければ、最高。
自己満足の世界。
僕にとっては、贅沢な盆栽の様なものでしょうか(笑)

先日、明治大学農学部の伊藤先生にもお褒め頂いた様に、
カキ殻と豆類(枝豆・大豆)の相性には、ちょっと自信があるんです。

ファイル 119-1.jpg

どうです。この根の張り、茎の太さ。
写真では解り辛いのですが、根粒も沢山ついています。
仕事柄、枝豆は何度も抜いた事があります。
それも全国各地で。
あの抜く時の感触・・・。
手前味噌ですが、うちの枝豆の根張りに匹敵するものはあまり見かけません。
もし、全国根張り選手権みたいな大会があったら(笑)
1番とは言いませんが、上位入賞は十分狙える自信があります。

植物にとって、根は重要・・・
誰もが知っています。

ビシッリと張った根からとれた枝豆と・・・
そうではない枝豆と・・・

どうちらが旨いのか?
答えは、誰もが知っています。