株式会社グリーンマンBLOG

記事一覧

蛎太郎の独り言・雪国直播サミット・東北土を考える会in青森

青森県浅虫温泉で東北土を考える会に出席してきました。
今回は、東北・北海道、合同で行なわれました。

ファイル 118-1.jpg

テーマは、東北・北海道における水稲乾田直播を考える。
新技術の紹介や実体験に基づく講演等が行なわれました。
ホントにこの土を考える会の集まりは、勉強になります。

弊社肥料の意義をよく理解して頂ける方が多く、
ユーザーも増えて参りました。

全員が名うての篤農家さんの集いですから、僕としては営業する気満々ですが、
ユーザーからの生の声を聞く貴重な機会なんです。

ファイル 118-2.jpg


昨年から使って頂いた方、
今年の春から使って頂いている方、
今年で3年目の方・・・

基本、上々の成果。
早速、ご注文・予約を頂けました。
リピーター率、ほぼ100%(嬉)

また新たに、北海道土を考える会の会員さんとの取引が始まりました。
ホント、この会、イイ会!

蛎太郎の独り言・伊達な道の駅「土作り講習会」

恒例となりました「あ・ら・伊達な道の駅」の土作り講習会に出席してきました。

http://www.ala-date.com/index.html

これからは、秋・冬野菜の為の講習会です。
夏野菜での評価は、上々の様で、皆様からお褒めの言葉を多数頂きました。
その中でも、きゅうり・トマト・なす・人参の評価が高かったように思います。
「今までより味が濃くなったの。孫達がよく食べる様になったのよ!」
「収穫時期も延びたよ!収量も増えたね。」
「なすの色抜けがなく、比較圃場は立ち枯れしても、使ったトコは未だに収穫中だもの。」
「助かるわ~」
「去年の白菜はでっぷりと大きく巻きが良かったの!今年も楽しみだわ!私の野菜、評判イイんだから!」

人気の道の駅だけあって、競争意識が高い方が多い様に思えます。
理事長からも
「これからは高品質な作物の提供がテーマだ」とおっしゃっておられました。
願いを込めます!広がり届きますように!

蛎太郎の独り言・薔薇満開!

地元の後藤造園さんがお見えになりました。
「蛎右衛門」の効果を認めて頂き、ご贔屓にして頂いております。
以前より、特に薔薇には評価を頂いておりました。

「蛎右衛門、良かったよ!また使わせて貰うよ!」
「樹勢がイイから、管理が楽なんだわ!」
「薔薇イイでしょう?僕ん家の薔薇も凄い事になっていますよ。」
「ザ・満開!まるでジャングル(笑)」

手入れは気が向いた時にちょこっと。
ありのままに、育つがままに・・・
弊社製品の植物活性剤、リッチサプリを2週間に一度、噴霧・・・
病気や害虫にも困る事無く5年目ですが、根株廻りは、まるで木です。
今の時期、こぶし大の薔薇が200輪を超えます・・・
ファイル 109-3.jpg

薔薇も好カルシウム植物の代表的な作物です。
ミネラル効果も薔薇愛好家でも高評価です。

後藤造園さんの作品。
美里町の町花でもある薔薇
JR小牛田駅、自由通路付近に線路に沿って
見事な薔薇が咲き乱れています。(蛎右衛門使用)
ファイル 109-1.jpg
町立南郷病院のパティオの薔薇のカーテンも見事です。
蔓薔薇「サンド」(蛎右衛門使用)
ファイル 109-2.jpg
小牛田小学校の芝化も取り組んでらっしゃいます。

宮城の厄介者のカキ殻が肥料として甦り、根を張り、やがて大輪の花を咲かせ、
地元の方々の癒しにも繋がる・・・。

願いを込めます。広がり届きますように・・・

蛎太郎の独り言・宮城県農業法人会総会出席

農業法人会の総会に出席してきました。
震災後の報告および新たな試みについての報告でした。
会の終わりに少しお時間を頂き、先日の
「あなたの選ぶ日本一おいしいお米コンテストin庄内」での
庄内農業高校の快挙を報告させて頂いたところ、
皆さん一様に、興味津々で聞いて下さいました。
その後の懇親会では、何度か営業したものの
ご注文頂けなかった生産者の方からも
「そうか!一車分(600袋)頼むよ!食味上げたいんだよ・・・」
等々、上々の反響・・・
新規のお取引きも数件増えそうです(嬉)
やっぱ・・・
高校生部門とは言え、
日本一を決めるコンテストでの最優秀賞・・・
効くな~(笑)

蛎太郎の独り言・最高だぜ!庄内農業高校!

昨年行なわれた「第5回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテストin庄内」にて
高校生部門の最優秀賞および一般部門で決勝進出の快挙をおさめた庄内農業高校、担当の佐竹先生を訪ねてきました。

●あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト in庄内町 開催要項
●あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト 決勝進出者名簿
●あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト 決勝大会結果

事の始まりは、昨年、佐竹先生からお問合せの電話でした。
「食味を良くしたいんです。」
「毎年、コンテストでは、良いところまでいくんですが・・・」
「最優秀を狙っているので、もうひとつ、何かが欲しいんです。」
「ミネラルとか・・・」
「そりゃあ、カキ殻でしょ!」
カキ殻肥料の効果・効能、を説明すると即決して下さいました。

ファイル 107-1.jpg

その後、忙しさに感けていると、先生から今年分の注文が来て、
そこで初めて、この快挙を知りました。

ファイル 107-2.jpg

旨み向上及び経済効果を狙った疎植栽培です。

実際に圃場に案内して貰った後、資料を見せて頂きました。

それをみてびっくり!(嬉)
表紙には

「日本一の米作りを目指して」
~カキ殻肥料を使用した食味向上~

土作りから始まる全ての作業が全て写真付のデータがありました。
対称区を設け、生育状況、草丈、径数、収量、食味調査の結果まで
こと細かいデータが並びます。
ページをめくる度、嬉しくてニヤけてしまいます。

その結果が、高校生部門、「最優秀賞」ですから
こんなに嬉しい事はありません。

ファイル 107-3.jpg

流石、農業高校、データ取りが緻密です。
頂いた資料を読み込んでみると、興味深いデータが・・・
使用許可も頂きましたので、近日中にHP内で報告します。


2作目の今年・・・
遅効性のカキ殻ですから、今年はもっと楽しみです。
今年も同様のデータ取りをするそうです(嬉)
連覇目指して
「頑張れ!庄内農業高校!」

ホント、12人の生徒さんを一人づつ、抱きしめたい気分です・・・。
今日は最高にイイ日だ!

「先生、早く教えて下さいよ~!」

蛎太郎の独り言・山形遠征(米シストさん)

米シストさん(佐藤社長)を訪問してきました。
http://www.beisist.co.jp/
東北土を考える会で名刺交換をさせて頂き、念願かなっての訪問です。
会の研修会での発言を聞き、只者じゃない感はたっぷりでしたが、
やっぱり只者じゃありませんでした。
正に「ロック」な男でした。
聞くと、ともに「矢沢永吉」ファン・・・
それも互いに、コア系(笑)

社名の由来は、矢沢はベイシストだから
俺は米シストだと・・・

ロックです。
仕事の事は勿論ですが、生き様や人生観までご教授頂きました。
僕、熱い人好きなんです。
エネルギーが溢れている人と一緒にいると楽しいでしょ♪
土作りにも拘りを持つ佐藤社長。
低温乾燥する意義をお話しすると、すぐご理解下さいました。
さっそく秋肥用のご注文をご予約頂きました。

今日もイイ日だ。

蛎太郎の独り言・やったぜ!山形県立庄内農業高校

春肥シーズンも中盤戦を迎え、日々出荷に追われ、嬉しい悲鳴です。
そんな中で劇的に嬉しいニュースがありました。
先程、山形県立庄内農業高校の水稲担当の先生から、春肥のご注文を頂きました。
今年で2作目になるので、昨年の出来についてお話ししていると・・・
何と、昨年行なわれた第5回あなたが選ぶ日本一おいしいお米コンテストin庄内
の高校生部門で最優秀賞を受賞され、
一般部門でも決勝進出された事を聞きました。
http://www.shonai-ah.ed.jp/index.html
恐る恐る・・・
「そのお米に、蛎右衛門は使って頂けたのですか?」
「勿論っ!」
やっぱりなっ!(嬉)

先生曰く、毎年入賞はするが最優秀賞までは届かなかったとの事。
食味値を上げたくて試行錯誤している時、
蛎右衛門の存在を知り、使ってくださったそうです。
株も太く、1年目から効果が出て良かったとのご意見。
食味は、コンテストの結果が全てでしょう。(笑)
先生っ!もっと早く教えて欲しかったっす。(笑)
最優秀賞の要因は、蛎右衛門の効果だけではないでしょう・・・
先生と生徒さんの弛まぬ努力の賜物だと思います。
http://www.town.shonai.lg.jp/ct/other000008300/h23ricecontestfinalist02.pdf
http://www.town.shonai.lg.jp/ct/other000008300/h23ricecontestfinalstage.pdf
http://www.town.shonai.lg.jp/ct/other000008400/h23ricecontest2.pdf

心の底から祝福します。
「おめでとうございます。」
心の底から感謝致します。
「ありがとうございます。」

水稲には数々の実績がありますし、相性は抜群。
自信を持ってお勧め出来ます。


今日は最高にイイ日だ(嬉)

蛎太郎の独り言・あ・ら・伊達な道の駅

恒例のあ・ら・伊達な道の駅で生産者さんの土作り講習会でお話させて頂きました。
こちらは、年間300万人以上が訪れる優秀な道の駅です。
道の駅でも蛎次郎1kgを販売しておりますし、少しずつではありますが「蛎次郎」浸透しつつある様です。

昨年も使って頂いた生産者さんからも多くの意見を頂く事が出来ました。
「なす、最高だったわよ!色も味も・・・」
「あたしはきゅうり。美味しい!って私の名指しで買いに来る人がいるのよ」
「かぼちゃにも良かった、味が濃いのよ!」
「ごぼうは凄く太いの!でも炊くと柔らかいのよ!」
と、大絶賛!(嬉)
循環型農業(山→川→海)のお話をすると、流石、落葉広葉樹の源でもある地域ですので
興味深く聞いて、理解してくださいます。
「落ち葉(腐葉土)って大事なんだな!おらー、昔から経験で解ってるんだー」

先日も会社へ一本の電話・・・
道の駅で購入したお客様からでした。
「薔薇で使ったら、茎が太くなりまるで木の様になった。シュートの伸びも良く花数も格段に増えたうえに、花持ちがイイの。薔薇仲間からも褒められるのよ!どうしてもお礼が言いたくて!」
との嬉しい反響です。
宮城の海で生まれたカキ殻を宮城の田畑で使い、美味しい野菜や花を作る。
まさに地産地消・・・。
願いを込めます。広がり届きます様に

蛎太郎の独り言・北海道遠征

北海道に遠征に行ってきました。
今回も愛車を駆ってフェリーでの旅です。
当麻、比布、旭川、東川、平取、札幌・・・。
各JAで春肥の営業へ。
今年は雪解けが遅く
作業が遅れると言った声が多く聞かれます。

東川では、ハードユーザーの青木さんに同行して頂きました。
青木さんとは、もう6年のお付き合い。
初めて北海道内で使って頂いたのがトマト名人の青木さんでした。
今では道内7つのJAとの取引きが始まりましたが、
最初のきっかけを作って下さいました恩人です。
本当に感謝です。
青木さん曰く、
「トマトの尻腐れ病は1年目で半減、2年目で8割減、3年目でほぼ改善するよ!」
との嬉しいご意見。
「北海道の圃場は、連作障害とは切っても切れないんだよ。」
「やはり、土作りなんだよな。」
沢山のご注文を頂きました。

仕事を終え、恒例のREDMAN赤井君と合流。
今夜は満月、潮回りもGOOD!黒ソイを狙い余市港でキャスティング開始です。
全く反応がないまま、寒さに耐えながら竿を振り続けていると赤井君から
「見てー!凄げ~!」
空を見上げると月に大きなリングが・・・
「欧米ではブッタズリングって言うんですよ!」
「縁起モンですよ!こんなに大きいのは僕も初めて見ました!」
神々しく輝く月に大きなリング、幻想的な光景にしばし見入ってしまいました。
こりゃツイてる!
肝心の魚は釣れないけどね(笑)

酷寒の北海道の夜は更けていきます。

蛎太郎の独り言・JAつがる弘前

酷寒の青森への遠征です。外気はマイナス14℃。
JAつがる弘前での展示圃説明会に出席してきました。
流石、りんごのメッカとも言える弘前ですから、各メ-カーが挙って参加します。
りんごでは、弘前市岩木地区の若手の勉強会の皆さんに使って頂き4年目になります。
糖度、日持ちの向上、質量の増加、では高評価を頂いておりますし、
「今まで、賞には縁がなかたったんだよ~」
って方が、賞を取られたり、実績は十分。
結果が楽しみでなりません。

ページ移動