蛎太郎の独り言・嬉しい1日

2011年3月31日に投稿したものです。

 

震災後少しずつではありますが、落ち着いて参り
出荷も始まりました。

今日は、取引先へ無事である事と、震災の影響を教えて頂く為に
電話連絡をさせて頂いておりました。
そんな中、嬉しい出来事が・・・

それも超~のつく程(笑)

千葉県八街のエコファーム・アサノの浅野代表にお電話しました。

「おう~、大丈夫だったの?心配してたんだよ」
「蛎右衛門イイからな!」

浅野代表との出会いは、国際ガーデンEXPOの会場でした。

一際目立つ風貌に只者じゃない感がありましたが
やはり、只者じゃありませんでした(笑)

名店に西洋野菜を出され、
シェフ達が挙って浅野さんの野菜を使いたがる
知る人ぞ知る、野菜作り名人です。

エコファーム・アサノ
http://ameblo.jp/ecofarm-asano/

シェフが言っていたそうです。

「うちの野菜を食べると客が笑うんだって」
「どうして笑うの?」って聞くと
「美味しすぎて・・・」
「彼らが言うんだから間違いないよ!」
「プロだからね!」

こんなに嬉しい言葉はありません。

「今までと、土も一緒、作り手も一緒、
違うのは、カキ殻だけだよ!」

被災後、こんなに嬉しい言葉を聞くのは久しぶりで
思わず、電話口でニヤニヤしちゃいました(笑)

植物のお話しから、日本の現状を憂うお話し、果ては営業戦略のお話まで
長時間に渡って、お話しを伺う事が出来ました。

特に
「母親が子供を産むとき重要なものって何だとおもう?」
「・・・・」
「カルシウムだよ!骨!」
「そこをだなあ、消費者にちゃんと伝えるんだよ!」

勉強になります。

今日は久しぶりにイイ日だ♪