蛎太郎の独り言・地域一番店の秘密

ブログを移転しました。

この投稿は2009/03/19 に掲載した内容です。

「カキ殻肥料」ユーザーに何度も訪問していると、ある共通点がある事に気付いたのです。
どこの農家さんへ行っても名人と呼ばれる方が多く、
かつ地域一番店が多いのです。
それも各地で・・・
また何処でも同様に、周囲の農家の方々が、出来た作物を賞賛するのです。
同じ立地で、同じ品種を作っているのに何故?
同じ果物を作っている農家さんが褒めるのです。

「○○さんには敵わない」

へ~そうなんだ・・・。
うちのユーザーの皆さんに、よくよく話しを聞いてみると・・・

「うちは、千○屋さんに納めていますよ。」

「うちは、新宿○野さんと契約栽培していますよ。」

「うちは、○越さんとお取引していますよ。」

それも各地で・・・へ~そうなんだ・・・。
当時の僕には、なぜ良いのかを知る由も無く
焼成処理しない「カキ殻肥料」は良いモノなんだ・・・
ただただ、漠然と感じるだけでした。

でも・・・・

そんなに良い肥料なら、なぜ広まらないの?
物事を疑って懸かる僕の感性が、必死に答えを探すが霧の中だ。
なぜ?・・・
ロジックが結び付かないのだ。
昔からかき殻は肥料として使われていた歴史がある。

なのに・・・???

ある果物農家さんの一言が、その答えに繋がりました。

「うちはね~、
どんな肥料使ってるか聞かれても教えねーんだよ!」

「剪定の仕方も時期もオリジナルなんだよ!」

「道路から見える所と奥側は変えてるんだよ!」

「真似されないようにな・・・」

「肥料の袋も誰にもわかんない様に、
自分で処分するんだよ!

わははっは~」

「秘密だよ!」

えっ?そうなの?

確かに、ここの近所には直売所が沢山ある。
ライバルの多い激戦区だ。

その中で一番店であり続ける自助努力の為なのだろう。
僕でも考える・・・

「果物にもイイけど・・・野菜にはもっとイイよ!」

日焼けしたおじさんは、白い歯をみせ笑った・・・