蛎太郎の独り言・命の削り合い

ブログを移転しました。

この投稿は、2012年12月19日に投稿したものです

蛎太郎の独り言・命の削り合い

打ち合わせや取引先への挨拶を早々に済ませ、

格闘技の聖地、後楽園ホールで行なわれた
グリーンマンファミリーの一員でもある
有機茄子(ゆうき なす)君、いや違う・・・
奈須勇樹(なす ゆうき)君の世界戦タイトルマッチを観に行ってきました。
知人が、世界を獲る瞬間を見るチャンスなんて、そうある訳ではありません。
友人たちとも合流しリングサイドからの観戦です。
4回戦ボーイから始まり、場内も少しずつ盛り上ってきました。試合前、勇樹君パパに連れられ選手控え室に伺いました。
テレビでしか見たことの無い控え室では緊張感が張り詰め、次の試合に向けて柔軟する選手達に混じり先程の試合の勝者は喜び、敗者はうな垂れ、勝負の厳しさが垣間見えます。

久しぶりに会った勇樹くんは、男らしさが増した様に見え、
コンディションも良好の様で、新チャンピオンを予感させます。
現チャンピオンは、5度の防衛を誇る日本人キラーとの事・・・
対する勇樹君も6連勝中、当然、期待しちゃいます。

いよいよ試合が始まりました。
応援は、勇樹君一色です。
流石、世界戦・・・パンチが早くて見えない!

ファイーター同士の試合は、噛み合います。
ヒットした瞬間、乾いた音がホールに響き渡る・・・
鋭いパンチが空を切る度、背筋が凍る思いがし、
紙一重の勝負の中、命の削り合いが繰り広げられます。

中盤、勇樹君のパンチによりチャンピオンが出血。
完全に取っていたラウンドもありましたが、試合巧者のチャンピオンが
中盤から盛り返し、12R判定決着となりました。
結果は、僅差の判定負け・・・
残念です。無念です。

チャンスは必ずまた来る!
それまで虎視眈々と頂上を目指し、その日まで根を張り準備する。
ワンチャンスを掴もうぜ!
お互いに!