ブログを移転しました。

この投稿は、2012年11月19日に投稿したものです。

蛎太郎の独り言・土作り

秋の収穫シーズンもひと段落・・・
土作りの絶好のシーズンが到来しました。
お陰様で、日々出荷に追われる毎日です。
昔からお礼肥えとも言い、収穫した大地に施肥(お礼)をする。
先人は、経験値から様々な知恵を残してくれました。
生産者の方のお話を聞くと皆さん、農業の基本は土作りだ!

とおっしゃいます。
耕起で酸素を土中へ送り、堆肥等で栄養を補給する。
全ては、土中の微生物が住み易い環境の構築こそが、土作りと考えます。
蛎右衛門に含まれる
①海からのミネラル
②天然の多孔質構造
③良質のカルシウム
①~③の相乗効果が、丈夫で健康な作物を育てるのです。

樹勢感が変わった。

ほぼ100%の方にそう評価して頂けます。

僕自身が、育ててみて実感と共に自信があります。
何より、出来た作物を褒められると嬉しいし・・・
それが収入に繋がるのですから
こんなに良い事は無いと思います。
費用対効果をお望みならば・・・
是非、「蛎右衛門」をお試し下さい・・・・